ローヤルゼリーってどんなものなの?

ドラッグストアなどの健康食品コーナーを覗くと、「ローヤルゼリー」という名称を見かけることが多くあります。
健康に良いとされているローヤルゼリーですが、ローヤルゼリーとはそもそもどんなものなのでしょうか。

ローヤルゼリーは、蜜蜂が生成したものです。
働き蜂が花粉や蜜を食べ、体内でそれらを合成して分泌した、乳白色のとろとろした物質が、ローヤルゼリーです。
これは、女王蜂と生まれたばかりの幼虫だけが食べることができる特別食であり、高い栄養価が特徴です。
女王蜂は、働き蜂と比べて身体の大きさが2~3倍あり、寿命も30~40倍あります。
その上、毎日1500個前後の卵を産み続けるという重労働をしているのですが、それらを支えているのがこれらの高い栄養価なのです。
また、女王蜂は生まれながらにして女王蜂であるわけではありません。
生まれたばかりの幼虫の時代は、女王蜂も働き蜂も全く同じ幼虫であり、これらを食べ続けた幼虫だけが女王蜂になることができるのです。
このように、ローヤルゼリーには高い栄養価だけでなく、女王蜂となるべき遺伝子を文化させる神秘的な力も持っているのです。

ローヤルゼリーは完全食とも言われているほど、栄養価の高いものです。
人間にとって必要と言われている三大栄養素、炭水化物・タンパク質・脂質をはじめ、ビタミンやミネラルなども含んでいます。
また、これらの特有成分である、デセン酸という成分は、ローヤルゼリーにしか含んでおらず、これらの効能を支える重要な役割を持っています。

ローヤルゼリーは、ハチミツのような甘味があると思っている方も少なくないようですが、実はピリッとした刺激や酸味があるために、初めて飲む方にとっては刺激が強すぎる可能性があります
ローヤルゼリー製品には、生のものをはじめ、カプセルに入ったものやドリンクタイプなど、様々な種類のものがあります。
ご自身の好みに合ったものを選んで摂取するようにすると良いですね。